無印良品の紙製水切り袋で三角コーナーいらずに!

料理をしてたら出る生ごみ。
ビニール袋にまとめて捨てたり、シンクの隅に三角コーナー作ってみたり。
いろいろしましたが三角コーナーは邪魔だしビニール袋もなんだか衛生的ではなくてイマイチでした。

が、無印良品で「紙製水切り袋」というピッタリなものを見つけたんです!

シンプルおしゃれな無印良品から、そんな生活用品まではんばいされているんです。
いくらなのか、どんなものなのか、使い勝手

目次

無印良品 紙製水切り袋とは

紙製水切り袋 20枚入り299円(税込)

紙製水切り袋は、耐水紙を使用している自立する紙袋です。

紙袋の下方にはいくつかの穴が空いており、自然と水切りされていく、というシンプルでありながら、合理的なデザインです。

三角コーナー代わりに使用しています!

無印良品 紙製水切り袋 おススメポイント

丈夫で自立する

無印良品の紙製水切り袋は耐水紙で作られており自立する紙袋なので、野菜くずなどを入れておいても、滅多なことでは破れません!

紙製水切り袋専用のホルダーなどを別途用意する必要がないのも魅力的。

ごみが見えない

ビニールや三角コーナーに捨てたときの、あの生ごみ丸見えなのが嫌いなんです。

でもこの紙製水切り袋はある程度の高さがあり、目隠し効果も加わってごみが見えません!

生ゴミが見えないだけでキッチンがキレイに見えます。

そのまま捨てられる

紙製水切り袋は、紙製です。各自治体ごとのごみの分別にも無理なく使用できるところがありがたいです。

そして、そのまま捨てて終わり!なところがストレスフリーです。
三角コーナーのように、その入れ物自体についた汚れを洗ったりするなどの手間が省けるんです。

更に、この紙製水切り袋の外装袋は中に入っている袋と同様に水切り袋として使用できるデザインで、最初から最後まで無駄なく使い切れるところが気に入っています。

無印良品 紙製水切り袋 おわりに

この紙製水切り袋、20枚入りで299円と買いやすい値段です。
できることなら毎日使うものなので50枚入りや100枚入りがあったら嬉しいですね。

無印に行くと2つは買って帰る紙製水切り袋。
三角コーナーの生ごみ処理から解放される商品ですので、おススメです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる